• ライムストーンと「のび太の新恐竜」

    2020/09/29

    「のび太の恐竜」が、40年前の1980年、最初のドラえもん映画であり、私の最も好きなドラえもん映画です。その作品のリバイバル‘のび太の新恐竜’が今、新コロの影響にも負けないで、絶賛放映中です。今から約1億3,500万年から1億9,500万年前の地質はジェラ紀となります。多くの動物や植物が繁栄した様子が判るスピルバーグの‘ジェラシック パーク’でも恐竜の時代と…

    記事を読む
  • 暖炉のある家

    2020/09/09

    設計部の倉茂です。 この夏にお引渡しをした一棟。   薪の暖炉を備えた家です。   暖炉の床や壁は大谷石・両脇には耐熱ガラスを使用。 手前のペンダント照明はルイス・ポールセンのトルボーを採用。         吹抜けにキャットウォーク。ここでは、フラットバーとワイヤーを設けました。 キャットウォ…

    記事を読む
  • 外構工事の脇役

    2020/06/30

    外構工事で、アプローチ、外周部などに、モルタルやコンクリ仕上げがあり、刷毛引き、金ゴテなど、滑らない、汚れが付きにくいなど目的により適宜、選びます。 モルタルが乾く前に、愛犬のシルエットの施工例です。目地を入れ、更にコンクリート 一発の洗い出し仕上げにすることや仕上げを使い分ける事で濃淡の違いなど、職人の技術、設計者の経験、感覚をさりげなく表現できる場になり…

    記事を読む
  • 照明について

    2020/05/08

    間接照明(コーニス照明)直接光源が目に入らないので 隙間から光が差し込んだようです。ダウンライトのサイズも75ミリと 少しコンパクトにしてます。小さいと素敵ですが照度を 確保しているか、難しさもあります。   Baccarat(バカラ)のペンダントライトとブラケットライト(壁掛け) 繊細なデザインから、その存在自体が美しく、漆喰やチークといった 本…

    記事を読む
  • Loise pouisen PH5

    2020/04/28

    2020年2月 20年前に建ててくださった世田谷区若林のお客様の家に 給湯器の交換と外部木製門扉調整のアフターメンテで伺いました。 天井と壁の漆喰は、ルイス ポールセンのPH5のグレア(眩しさ) の無い優しい光源に照らされ綺麗でした。 20年の時間が過ぎても、室内の漆喰は、メンテナンスも非常に少なく 静電気が殆ど起こらない為、とても居心地の良い空間が広がりま…

    記事を読む
  • 大空間の居間

    2020/04/26

    現在、建築中の井之頭の現場:構造一級建築士であり 意匠設計事務所にも勤務していた塩澤が中心のプロジェクト。 倉茂と私も、+αでゾーニング、レイアウトで設計のアイデアを盛り込みながら 3人で協力しあい、感性を出し合いながら進んでます。 現在、カンザキでは、基本的にこの3人の設計者で、 それぞれ担当しておりますが、今回は特別です。(笑)   大きな吹抜…

    記事を読む
  • 12