• 下地といえど・・・!

    2019/03/05

    皆さんは住宅の壁や天井に入っている下地‥ というとどんなものをイメージされますでしょうか? 階段手摺の下地やキッチン吊戸棚の下地、タオル掛けの下地や棚板の下地、 天井照明器具の下地等、とまあ色々と壁や天井の中にはそれに応じた下地が入っています。 住宅だと木材の下地が多く、施設やマンションなんかは薄い鉄板が多く入っています。 所詮下地だし、見えなくなるし、ちゃ…

    記事を読む
  • 神崎建設 工事部より⑤

    2019/02/07

    今回ご案内させていただく神崎建設の特色についてですが、、引き続き構造的なところからまた一点紹介したいと思います。今回は「根太」についてです。 そもそも根太とは床下地板を受ける部材、床面を構成するための材料です。一般的にこの根太の間隔は床板の厚みで変わります。床板が厚くなればなるほどその間隔は広くなっていきます。神崎建設では30cmの間隔に60㎜×60㎜の桧の…

    記事を読む
  • 現場リポート/塚越店舗新築工事(仮称)その7

    2019/01/28

    無事に、引渡し日を迎えました! その店舗とは、 相鉄ローゼン様でした! ひのき無垢の大木を6本も配置したファサード。 天井も無垢、北海道産のさくら無垢をふんだんに。 店舗正面にはカンザキ建設の「太いヒノキのダブル筋交い耐震壁」が見ることが出来ます。 本来は壁の中に隠れて見えなくなるのですが、あまりにも美しいヒノキの輝きをご覧になったローゼン様より、正面だけは…

    記事を読む
  • 神﨑建設 工事部より④

    2019/01/24

    今回は神﨑建設の構造的な特色の中から「勾配火打ち」についてご案内したいと思います。 火打ちとは建築基準法施行令第46条でも床組や小屋組みに設置を義務付けているもので、水平構面の剛性を確保するために必要な部材です。 最近では木造でもコストダウンのため、金物でできた既製品の「火打ち金物」を使うことも多くなりました。これは法的にはクリアするものの、材厚も薄く頼りな…

    記事を読む
  • 神﨑建設 工事部より③

    2019/01/17

    神﨑建設の特徴として、構造的な面をご紹介しております。 前回は在来工法の筋交いについて取り上げてみました。今回は 基礎のコーナー部分のハンチ(入隅の三角形の基礎補強)について、です。 どんな工法でもビルでも住宅でも「基礎」が重要であることは間違いありません。 神﨑建設ではベタ基礎で鉄筋D13ミリを@150を標準施工としていて、それだけでも相当な剛性・強度を確…

    記事を読む