HINOX工法 01

基礎

BASE

~基礎の土固め、鉄筋、コンクリート打ちの比較~

土の地面を固める為の石には、写真のように2種類あります。

  • 本割栗10cm~20cm位の硬くて重い
    石です。
    これで地盤を打ち固めます。

    カンザキの
    地固め用割栗石
  • 小砕石(40-0)(ヨンジュウゼロと言います)石の大きさが40㎜以下、
    かつ1㎜に満たないものを言います。

    一般メーカーの
    地面に敷く小砕石
  • カンザキの標準仕様
  • 住宅メーカーの仕様

01地業

(コンクリート基礎工事前の地盤固め)

  • 大きな割栗石を一つずつ手で敷き並べ地中にくい込めさせます。地盤を固める手間のかかった仕事です。

  • 土の上に砂のような細かな砂利40-0だけを敷き、振動型プレートランマーで地面を固めます。

  • 割栗石の上に隙間を埋めるために小砕石(40-0)を敷きつめて、打ち降し型ランマーで地盤を打ち固めます。
    現在、このような大きな割栗石を使う会社は、殆んどありません。

  • 住宅メーカーは、ほととんどがこの方法です。

02 木造の基礎鉄筋工事

(ベタ基礎=基礎全体にコンクリートが打たれる工法)

  • 太さ13㎜の鉄筋を、タテヨコ15㎝間隔で配筋します。
    写真のように密に配筋されています。

  • 太さ10㎜の鉄筋を、タテヨコ30㎝間隔で配筋します。
    写真のように広く配筋されています。

    材料費は当社のおよそ1/3程度

お問い合わせ

ご見学・ご相談・お気軽にお電話・お越し下さい

03-3397-1150
03-3397-1170

〒167-0035東京都杉並区今川3-20-5